新宿鮫10 暗約領域読了

有難いことにこのたびのシリーズ、奥泉光クワコーシリーズ同様10年のブランク無しの「絆回廊」からしばらく経ち管理職(所轄の課長代理)として勤務にいそしむ鮫島から小説は始まる。プロローグで『平成29年に公布された「住宅宿泊事業法」により、民朴業者に対する届出等が義務付けられた…』なんて記述があるので、ゆるキャラの中の人になっちゃったクワコーと同じく普通に現代を生きてる鮫島のようだからそれはそれでわたしは納得しました。

(以下ネタばれ)

とはいえ「宝探しの答え」がタミフルって少し違和感。イナビル・リレンザ・ゾフルーザがいまの常識じゃないの?記述内に“現在では過剰生産でだぶつき気味で…”とか記されてればいいのだがたぶんなかったはず。フッ化水素とかだとものすごくタイムリーだったかもしれぬが、でもそこまで同時代性に拘ってもねとも思う。

(ネタバレ終了…だがミステリの書評だものネタバレ必至か)

すこし鮫島の“伊達邦彦”化が顕著でそれは「絆回廊」がもう充分そうだったわけで、食傷は否めない。インテリやくざとの絡みはもう悪臭ふんぷんです、このへんは「暴力団に厳しい鮫島」という設定を課した作者に初心を忘れずにといいたい。

…前略…「あなたの信念の強さは、わたしの知っているいかなる人とも違う。あなたは、あなただけの倫理に従っているように思える。その倫理がまちがっているというつもりはないけれど、あなたは退くことがない」

「退けない、と思っているのです。退いたとたん、今まで私に煮え湯を飲まされたと思っている連中が襲いかかってくる。…」…後略…(41,443p)

 

作者も分かっているのだが結果的に11作目となると「この印籠が目に入らぬか!」になっちゃうわけで、となるとミステリってのはシリーズである必然があるのかなって分からなくなります。

このたびの「暗約領域」に関してですが、ラストはひどいな。あと50ページ水増しでいいから出来のいいアクションシーンの連続で閉めてほしかった。古書店主と香田と3人での人質奪還シーンはいい出来なだけに、殺し屋含めてなんだか大勢でピクニックみたいに焼肉屋に行き人殺しし、みなで古書店に行きワイワイガヤガヤラストの銃撃戦までが不出来な書き割りっぽくて興醒めでした、ラスト大団円なんだも少しきちんと着地してほしかったな。もし新宿鮫が続くのなら阿坂課長も矢島刑事も残ってほしいです、マルティン・ベックシリーズにベニー・スカッケやレア・ニールセンが加わったようなような雰囲気がほしいな。

f:id:kotiqsai:20191127201434p:plain

タミフル・効きました

 

 

「暗躍領域」購入

大沢在昌新宿鮫シリーズXI「暗躍領域」です。帯ではこうなってるぞ「信頼する上司・桃井が死に、恋人・晶と別れた新宿署生活安全課の刑事・鮫島は、孤独の中、捜査に没入していた…」となると、まあ違う物語になるんでしょうか。奥泉光クワコーシリーズは10年近いブランクで新刊が出たけど、赴任した一年めの夏休み明けからの流れになっていて、まあ事態はいろいろ動いたろうがそれも作家の膂力ではある。

新宿鮫の第一話が1990年、大沢在昌はもうベストセラー作家だったがおれは何読んでたかな?「夏からの長い旅」が最初の出会いでまあいい作家と分かりましたが、わりとその後の作品ではこちらの琴線に触れず…っつうかもう日本ミステリの最良の時代で逢坂剛や原尞や高村薫志水辰夫やその他を追っかけるのに夢中で、いやあミステリだけじゃなく文学全体盛り上がってたなあの頃。

でもって新宿鮫、楽しかったですよ新しい警察小説ってのがバリバリ伝わるし上司桃井も犯人ぶっ殺すし警官は威圧しながら敬語使ってカッパブックス久々の痛快が嬉しかった。でもそのうち徐々に話が大きくイランマフィアとの対決なんぞは食傷で、きっと作者も大風呂敷に辟易で店じまいかと勝手に思っていて、そこからだから「絆回廊」から8年ぶりの新作なわけだ。どうでもいいけど鮫島がお爺ちゃんになって警官となり功を遂げた娘にすり寄るなんて作品もあったっけ。

鮫島インスパイアではないけれど、まあねこれから3晩くらい眠るに眠れぬ苛立ちの夜をわたしにぶつけてほしいです。

f:id:kotiqsai:20191122210410p:plain

暗躍領域

 

DEOCO.購入

なんてこったい、職場で忌憚なく喋れる唯一の仕事仲間(女性)の後ろ姿に向かってひそひそ声で「お願い、買ってくれないかな?」と頼んだのに大きな声で「エーッ何?聞こえないよデオコってなに?」って反駁され周囲にいた全てのレディさんにオレが体臭気にしてることがバレちゃった。

まあいいさ、皆さんその後は協力的で作業後の短い時間だったのにDEOCOのボディソープと制汗剤を私のためにHBC出向き購入していただきました…ってでもこんなに素早く皆が反応って実はオレ汗臭さ加齢臭認定されてて日々疎まれてて、やったー 奇貨居くべしといそいそお手伝いしてくれたのかもしれないーこの暑さのせいで汗っかきで自分でも下着脱いだ時プーンと体臭感じたりが最近続き、まあDEOCOで意識を変えたかったし図らずも皆さんに宣言した形だから、悪くはないかも。

先ほど入浴時にはじめて使用、いい匂いだけどあれ思ったよりクールなのね薄荷風味なんだな。確かに果実の香りに包まれはしたがこれ長持ちしそうにないな。一緒に買いに行ってくれたレディさんに「制汗剤で脇の匂いの悩み解消してんの?」と問うたけどなんだか曖昧な返事で、脇毛処理してるかまで聞けませんでした、スメハラセーフかいや曖昧かな?

でもね気になっても体臭口臭なんて改めて他人からマジには聞けぬし、わりと今日のドジっぷりは期せずしてわりと巧みなカミングアウトだったかと、そんなことないか?f:id:kotiqsai:20190804215259j:image

文藝春秋の新刊 2019 7 夕刻のローザンヌ©大高郁子

f:id:kotiqsai:20190729110931j:plain

夕刻のローザンヌ

下部の暗い部分に建物、そこから人々が立ち並ぶ後ろ姿、その先のちょっと寂しいイルミネーションのメリーゴーラウンドに向かうのだろう。夕景だろう木々の間から薄明るい空が垣間見え遠くは湖だったりアルプスだったり(想像で言ってる)。まあ知らんよねローザンヌといえば寂れた遊園地ってわけでもないだろうし。

写生なんだろきちんとその場でああ夕日が雲を明るく染めてると感じながらスケッチしたんだろ、木々の枝たちの野放図なうやむやさも含め、作者の視線を直接受け入れることができる。

イラストレーター大高郁子はこういう絵を書かぬよう意図しているのだろうと推測していた。奔放でうやむやで移ろいやすい自然そのものをイラストレーターの矜持と膂力でシンプルな単色に絞り込み落ち着かせ定着さす人と思い込んでいた。だから今月書店で新刊本を開き見たときけっこうショックでしたね。まあわたしも歳をとるんだ、イラストレーターも年月を重ね新境地とか画風の変遷とかあって当然。20数年リアルタイムで(新刊案内でだけの邂逅だけれど)眺めてきていて、いくつか構想のジャンプだったり沈思だったりを感じてもきた。今後、なだらかに絵のタッチが変化してゆくのか楽しみな今月の一葉でした。

購入したのは川上未映子「夏物語」帯裏には“圧倒的感動の超大作”と記してあり、じつはそういうのが超苦手なわたしなんですよね。リーフレット裏面には瀬尾まいこの「そしてバトンは渡された」本屋大賞!とPRされていてこちらも買ったんだが未読で詰んだままバトン…の帯にも「著者会心の感動作」とあり、感動できない病気なんだかわたしは。

新刊案内チラシ 文春文庫 2019年7月

f:id:kotiqsai:20190725100251j:plain

文春文庫2019年7月の新刊

久しく見ぬうち様変わり、両面新刊の表紙カバーとなっていた。カバーにある通り佐伯泰英の文庫「酔いどれ小銀次」シリーズが新刊のよう、また「居眠り磐音」シリーズ2巻が決定版との聞き慣れぬシリーズ名で今月発売のよう。新装版という名で「竜馬がゆく」とか「御宿かわせみ」とかもあったけどねえ…電子ブックでよさそうだけどねえ。

購入したのは中村文則「私の消滅」。大昔(10年前だけど)読んだ「世界の果て」にはけっこう入れ込んでたけど、その後どんどん有名作家になってゆく中村氏にいろいろ追いつけずようやく文庫で購入。残念というかこういう設定の醫學ミステリ(わあ旧字に変換だ)ってけっこうあるよね、旧字で読みたくなっちゃう「ドグラ・マグラ」や木々高太郎の小説でこんなの読んだ気がするわな、そのあたりの地平から先に進めず現代の精神分析ってぼやっと仕事せずなのかしら。登場人物らみな岸田秀から一括されそで情けない“自己同一化だ”やら“はしゃぎすぎだ”と、まあはしゃいではいないがみなさん脳に電極ビリビリさせてはしゃいでいるようにしか思えず、こんな軽く取り換え可能な人格なんかでみなさん満足なの?と疑うしかない。不出来な小説だと思うが不気味さとかはわりと巧みに出ていた、少年時代の主人公が自宅の灯りを見て帰宅したくなくなるやるせなさは共有化できるだろうから、そのへんにもひとつ工夫がほしかった。

小説内に宮崎勤関連のデータがわりと多く入っていて、また名前だけしか出てこぬが自殺サイト殺人者前上博も主人公と同一視さす性癖みたいに扱っていて、作品を理解する補助線ではあるがまあちょっと不要だった、も少し作者に知恵を絞ってほしかったなと残念に思いました。

講談社文庫新刊 ビビビ・ビ・バップ 奥泉光

bookclub.kodansha.co.jp

一昨日深夜読了、800ページを4日で読んだんだな高齢者にとってはけっこうくたびれ読書体験だけど楽しかったよ、奥泉長編としてはラストが大層まとも着地成功で加点ありそう。

それまでなんかモヤモヤ拡散しっぱなしの疑問符長編がいくつも続いたので、奥泉作品読むのが怖いって「饅頭怖い(小説内で談志が演ってた)」状態がすこし続いた。クワコー新作とか「雪の階」とかすてきな小説を今年読めたおかげで平静になれた…ってこれはいい読者じゃないですね。でもさ“坊っちゃん忍者”だの“プラトン学園”だの…ああクワコーデビュー作の“モダール…”とか外れも多い奥泉作品なんでそんな予断も仕方ないのか。

奥泉氏とわたしってほぼ同世代で大学時代に末廣亭蠍座紀伊國屋書店も通っててだから若き氏と邂逅もあったかもねの石丸くんだが、残念ながらピットインとかのライブスポットは縁がなかった行ったこともないし、ジャズは通り過ごしたっつうかクロスオーバーとか易きに流れたっつうかこちらの小説に出てくる著名なアンドロイドジャズメンの多くは名のみ知るというところ、演奏スタイルやその他分からぬままでセッション場面はまあ飛ばし読みです、また最初の新宿文壇バーシーンも多彩な文化人入り乱れですが“なんかこれ意味あんのか?”状態で、その後の夢の中でのゴジラウルトラマンシーンと一緒でほぼスルーしちゃった。

立川談志古今亭志ん生が毒薬…っつうかウィルス作るシーンとかなんかわたしには像を結ばずすこし険呑、志ん朝がもすこしつっけんどんに談志と絡む方がよかったか。もちろん奥泉(&わたし)世代は志ん生の晩年の高座風景を知っており、ちょっと実景とそぐわない感があったか、でも2人してクルーザーで副社長伊達邦彦にウィルス埋め込むあたりは楽しかったしこれでよかったのかも。

終章「閉幕―宇宙の音楽」でドラマがきちんと収束したのは本当にとても大事、でも初代フォギーが2029年の大感染で死んだとどこかで記されていて、となるとこの幕引きでよかったのか(つまりは終幕の大感染であまた混乱と不慮の死があるだろうし)まあでも人類に未来はありそうだから初代フォギーの不慮の死にも意味があったのかな。でもって初代フォギーの大冒険「鳥類学者のファンタジー」をも一度読みたくもなっちゃったりした、だから本作とても有意義な読書体験でしたね。

文藝春秋の新刊 2019 6 ポップコーン©大高郁子

f:id:kotiqsai:20190624185422j:plain

文藝春秋の新刊 2019 6 ポップコーン©大高郁子

4月の新刊案内「そらまめ」のときにもランダム・無秩序をまとめる画力だみたいに作者の力量をうっとり称えた。このたびも嬉しいですねパッと散らばったポップコーンたちに驚き慌て目を見張るみたいな情景がみえてきました。

4267kot31.hatenadiary.jp

ただし、ランダムなぶん美味そうでない。やっぱポップコーンは積み重なりバレルというのか映画館で売ってるでかいバケツが絵になる、バターの匂いや口中のほころびを感じられる。

まあでも、わたしのようにシネコンを併せ持つ巨大ショッピングモールで清掃作業している身としては、まあいろいろポップコーンには悩まされます。床に散らばったって呼ばれるたびに「持て余して捨てたんじゃないの?」と邪推してます。また、ほうきで集めてると帯電しちゃうのよね、自在ボウキにムラムラくっついてきたりすると大層不気味だ、味だって最初のほんの少しは美味くてもすぐ飽きる脂っ気だしね、もちろん場末の名画座プロパーだったわたしはポップコーン頬張りながら映画見るなんて間抜けはしたことございません、ビーフジャーキ齧って缶ビールで東映やくざ映画カンフー映画見てました。

購入したのは長岡弘樹著「119」“消防士はただのヒーローではない”と帯の紹介。短編の名手と記されてるけど残念わたしにははじめての作品集です、楽しいといいな。